医大の受験の浪人生について

医大受験は浪人も多い

医大の受験は難関で浪人も多い

受験の中でももっとも難関といわれているのが医大受験です。その中でも国立医学部の合格するためにはセンター試験で9割ちかい得点を獲得する必要があるということと二次試験でも高得点が必要です。また私立医学部の場合は癖のある問題がでるのでとても難解な問題が多いということと、倍率が高いので、私立医大受験も過酷です。そのため国立であっても私立医大であっても、難易度がとても高いために浪人になることは珍しいことではありません。浪人の中でも1浪、2浪はまだ当たり前で、多いひとでは5浪くらいしてしまう人もいます。そのくらい浪人をしたとしても、医学部受験は人気がありますし、どうしてもなりたい職業として目標に置いている人はとても多いです。それには、医師という仕事がやりがいを感じられるということと、収入がいいということにほかなりません。ただ、受験をして合格をしたとしても、のんびりはできません。大学生活も勉強漬けの生活はかわりません。膨大な知識と実習で医者になるために努力をする大学生活になっていくことになります。ですから医大にいくために過酷であったとしても大学生になってからも同じように、過酷な生活になるのに変わりないです。選ばれた人がなれる仕事ですから当然です。

受験の良い情報

↑PAGE TOP

Menu